ロマンディア

/* 20200423_強調表示を蛍光ペン(黄)風に */

Romandia

謎の冒険物語を書いています。

【05-04】悪い人達

 砂漠の盗賊「クレセントムーン」。没落したメルト家の末裔が創設したとされる。そのほとんどは北西海賊の残党。行き場を失い、生きるために西へ移住してきた。

 現在は、バーナードを筆頭に、クライムエビルナイトメアという強烈に個性が強い連中が多く在籍し、観光客からの盗み、覚醒作用を持った薬の密売、誘拐と人身取引等、悪行の限りを尽くしている。

 連中は新人が入ると「狂気の沙汰を超えてみろ。そこには自分の居場所(ユートピア)が待っている。」と教育する。この言葉のカリスマ性は強く、数多くのヒールを生み出す背景となっている。

 辛うじて救いがあるとするならば、一番の古株であるオニガラにはまだ良心が存在し、常に矛盾と葛藤していることであろう。ただし内輪からは「半端者」と陰口を叩かれている。

 砂漠のサソリを浄化するため、ソードファイターズは日夜厳しい訓練しているが、族は組織化し外国にも出始めていることから、各国との協力体制が必要な状況だ。

 

<クロムランス>

f:id:BLUESTAR_STREAM:20200501062448j:plain