ロマンディア

/* 20200423_強調表示を蛍光ペン(黄)風に */

Romandia

謎の冒険物語を書いています。

【07-03】ハイバイオ

 南東発のバイオベンチャーということになっているが、実態は中央の某研究所の残党である。

 専門領域を見ればわかる人には判る。現在は、とある難病の治療薬を開発。魔の川を抜け、東の富豪カルネゴの支援を受けながら事業化を目指している…ということになっている。

 一方で、生物の融合という表に出せない研究もある。メンバーはサンバーストと助手のモーリーの2名で構成。機密故の極小体制である。

 彼らの代表作は「スプリュー」というコードで呼ばれるシンボリック。その凶暴性から外に出てしまうと大事件につながるため、地下の一室、強固な檻の中に随分長く幽閉されている。

 遡ると、どうも前身の組織が行っていた実験によりこの世にシンボリック・プロパティが誕生したらしい。ただ決定的な証拠もなく、最大級のトップシークレットはこの世の黒歴史とされ、ルポライターと共に消し去られた可能性が高い。

 謎の多い組織を調べていくと、物語に核心に達してしまう可能性すらある。今わかっていることは、「ロストワン」と「トラペッド」という2つの単語だけ。

 プロローグを思い出す…「どの生物にも階級があり、反骨して成り上がる者が存在する」過去に覇者になれなかった負け犬の空気感を持っている。現代の礎を築けなかったということは、搾取されている側…

 

<スプリュー>

f:id:BLUESTAR_STREAM:20200524185506j:plain

決して表に出ることのない最強のシンボリック