ロマンディア

/* 20200423_強調表示を蛍光ペン(黄)風に */

Romandia

謎の冒険物語を書いています。

【05-07】剣豪≠格闘家

 波戸田八刀斎という剣豪について語る。各国の修行場や道場に現れ、エアバトルで連戦連勝、八重刃という大剣を振りかざし、数々の伝説を作ってきた。

 そのスタイルは、剣豪というよりかむしろ格闘家に近い。超越した素早さと跳躍力、バックスピンとサマーソルト。足技と剣技を融合したスタイルは華麗の一言、一太刀薙ぎ払えば周囲を丸ごと吹き飛ばすパワーも持ち備えていた。

 彼は西の国の出身。北西の侵攻を受けていることを認識しており、その正義感の強さから内心メラメラと闘志が燃えていた。

 そんな時、ソードファイターズの校長の剣持から直々にヘルプのオファーがあった。故郷が史上最大の危機を迎えており、現状なすすべがないことがヒシヒシと伝わってきた。

 諸国放浪の生活をかれこれ20年以上も続けている八刀斎。自分のためだけに生きてきた人生だったが、悩みに悩んだ末に、初めて人のために自分の力を使うことを決めた。

 待遇はソードファイターズ傭兵、レッチェ達と同期の扱いになる。現在最強の剣豪が固めた決意は期待を裏切らない。

 

<波戸田八刀斎が持つ大剣「八重刃」>

f:id:BLUESTAR_STREAM:20200511015021j:plain