ロマンディア

/* 20200423_強調表示を蛍光ペン(黄)風に */

Romandia

謎の冒険物語を書いています。

【03-06】北海連合

 中央の覇権やイーストハイウエイに負けまいと、バストーラが作った連合がより世界情勢を複雑化させることになる

 契機はやはりイトクロックの登場だった。構想を具現化しようと、まずはミッドナイトパスタに資金援助を依頼し、各地域の盟主を招聘した。

 結果としてダークタートルブランド・ジャック、ソードファイターズの剣持、そして預言者アルバロ・レディゴがメンバーに名を連ね、当初の付け焼刃感を吹き飛ばした一大勢力になった。

 勿論、次世代の継承も見据え、セロラインバッドステディオブランド・ジュニアを研究員とし、できるだけ関わらせたことも大きな意義がある。バストーラはカリスマ的な戦略家だった。

 

 連合は、会議の中で初めに強み、弱み、脅威と機会について検討した。

 S:重工業とエネルギー

 W:研究開発力

 O:世界の構造におけるうねりと再編

 T:新興グループ、ライバルの成長

 

 その結果、素材とエネルギーを独占し、中央や南への供給を制限しようと考えた。考えうる影響は、施設・設備の建設停止や最悪中止、価値を生まないことによるGDPの低下。ナショナリズムが生み出す経済界の停滞等である。

 やはり、資源やエネルギーを保有していることは絶対である。いくら中央が力をつけていようが、所詮、出来上がったものの運用でしかない。生命線を握るとはまさにこのことである。