ロマンディア

/* 20200423_強調表示を蛍光ペン(黄)風に */

Romandia

謎の冒険物語を書いています。

【02-03】パンクラブとウッディドッグ

 パンクラブは森の中に修行場を持つ。忍びの家系ということもあり、そこには網やツリーハウス、沼には“いかだ”、遠心力を利用した円盤まである。仕事のない時は大体の時間をここで過ごす。ここにいると、この星の原理まで見えてくるのだという。

 割と近くに似たようなポイントがある。管理しているのはウッディドッグというシンボリック。その場所には、犬らしく穴を多様に使ったカラクリが多く、洞穴の内部は意外と落ち着く。遠くで聞こえる川のせせらぎも心地よい。

 熊と犬という動物的相性もあったのかもしれない。また、自分磨きに余念がないことにシンパシーを感じたのだろう。パンクラブは自分の秘密基地に招き入れ、ウッディを手懐けてスナップに収めた。DBによると、防御力は低いが素早さと体力が自慢で、パラメータはB9と中の下である。

 特性である高い忠誠心があってなのか、彼らは現実世界においても互いのアジトを行き来し交流を深めている。そして開発したアスレチックやトレーニングを評価しあっているのだという。なお、この物語には鍛える人達が割と多く登場する。

 

<パンクラブの武器「ザ・スネイル」>

f:id:BLUESTAR_STREAM:20200501063705j:plain