ロマンディア

/* 20200423_強調表示を蛍光ペン(黄)風に */

Romandia

謎の冒険物語を書いています。

【00-01】プロローグ

 私たちが住む地球に良く似た世界がある。同じように生物が暮らし、文明を築いている。

 便利な世の中である一方、国家間の格差やパワーバランスも同様に存在し、力のある国は一層の豊かさと覇権を求めている。

 

 地球に良く似ていると書いたが、以下にポイントを書く。

<スケール>

 面積も人口も1000分の1程度の規模感。

 

<時代>

 以下の時代に分かれており、通しで400年分の暦が存在する。書き始めの頃はNA50と設定している。

 ① MA1~100

 ② SA1~100

 ③ NA1~100

 ④ DA1~100

 

<文明>

 人だけではなく他の生物も言葉を話すことができ、独自の進化を遂げている。人の寿命は概ね50~100年、その他生物は相応に独自の設定がある。

 また、どの生物にも階級があり、反骨して成り上がる者が存在する。

 

<科学技術>

 ロボットが生活に溶け込み、人の仲間として意思表示する。現代の地球と同程度の科学技術レベルであり、まだ決起や反乱が起きない程度の成熟度。

 

<地理構成と環境>

 海が6割、陸地が4割(人口密集エリアと居住エリア)、山(森や林)と川、砂漠等に分かれる。気温は摂氏-10℃~40℃の範囲内に収まる。

 現在、国と認識されているエリアは8つ。北と北東以外は海を隔てて独立した島で世界が構成されている。

 

<建造物>

 人口密集エリアには高いビル等の近代的な建造物が立ち並ぶ。

 強国は概ね産業を持っており、環境配慮とのバランスに苦労している。

 国と国を結ぶ海上道路も一部には存在し、輸出入や人の往来が活性化している地域もある。

 

<通貨>

 P(プライス)であり、円の10倍程度の貨幣価値とする。

 

<全体地図>

f:id:BLUESTAR_STREAM:20200501062749j:plain

・赤:中心部

・オレンジ:居住エリア